最高のトレーニングとは?【礼に始まり礼に終わる】

2019/10/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
出牛 順一
様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。最近は日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・ボディメイク・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

みなさん、トレーニングはお好きでしょうか?

パフォーマンスを上げるために、みなさんはどんなトレーニングをしていますか?

筋トレ、走り込み、体幹トレなど色々ありますね!

僕も今まで沢山のトレーニングをしてきましたし、格闘技なども独学で勉強したりしていました。

そんな僕が、現在もっとも熱心に取り組んでいるトレーニングがあります。

それは、

「礼」

です。

トレーニングという表現は少し違うかも知れませんが、熱心にやっていることは間違いありません。

武術や武道の世界で有名な言葉に

「礼に始まり礼に終わる」

という言葉があります。

そもそも日本人というのは世界で一番礼をしている民族だそうです。

ヘタすると電話で見えない相手にでさえ、礼をしてますからね。笑

それくらい文化的遺伝子(meme)として、日本人には礼が根付いているのだと思います。

そして、礼には本来

「禮」

という漢字が使われていました。

“豊に”   “示す”  と書いて禮です。

感謝や敬意という目に見えない「心」を

目に見える「体」で示すのが禮なんですね。

そして、ここからが本題になります。

僕が学んでいる武学では正しい禮をすることで、

・場の掌握

・身体の軸を整える

・エネルギーコントロール

などが可能になると言われています。

武道などでは試合前に必ず禮をしますよね。

それはただ形式的に挨拶をしているのではなく、こういった目的があって禮をしているのです。

これは日常でも同じで、例えば誰かの家(テリトリー)に入る時に禮をすることで、

・場の雰囲気を良くする

・相手に左右されずに自分の軸を持てる

・適切な関係を作る

などが可能になります。

僕は最近トレーニングやバスケをする頻度は減ってきていますが、正しい禮を習慣化することでパフォーマンスの向上を実感しています。

体幹トレーニングで期待できるような効果は、禮をすることでほとんど得ることが可能です。

禮の正しいやり方は文字で伝えることは難しく、対人でチェックしないと思い込みが入る可能性が高いです。

正しい禮を身に付けたい方は、武学の体験会や稽古会に参加してみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

最近のコメント
    この記事を書いている人 - WRITER -
    出牛 順一
    様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。最近は日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・ボディメイク・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Copyright© Alchemist's blog , 2018 All Rights Reserved.