フィジカル・レクリエーションとは?

武学

フィジカル・レクリエーションを運営している出牛順一と申します。

当ブログに訪問していただき、ありがとうございます!

僕は2年前から『武学』という総合武術を学んでいます。

武学を学んでいくことで「衰えることはあっても上手くなることはないだろう…」 と、上達を諦めていたバスケットボールでも良い変化が起きてきました。

そして、人の身体の状態や意識を構成しているものは何か?

その本質が少しずつ見えてきました。

このブログでは武学のことを中心に、スポーツや日常をもっと面白くするための発信をしていきます。

まだまだスポーツの分野では武学のような東洋的視点はメジャーではないと思いますが「身体動作向上にこういう視点もあるのかな?」と、知見を広げる感覚でお付き合いいただければ幸いです!

フィジカル・レクリエーションがお伝えすること

このブログは武学的な視点を使って、スポーツや日常、さらに言えば世の中をもっと面白くするための情報サイトです。

実際にバスケやトレーニングをしながら武学を学んでいる僕が、スポーツをしている人に向けて少しでも役立つ情報を届けたいと思い立ち上げました。

このブログでは、主に3つの情報をお届けしています。

ひとつ目は、武学はどんなもので、どんな練習をしているのかのご紹介です。

武学はここ2年くらいで急速に広まって来てはいるものの、まだまだ一般的とは言えません。そこで、このブログでは武学についてなるべく分かりやすくご紹介していきます。

ふたつ目は、武学の講座や稽古会のお知らせです。

武学に興味があっても「どこに行って教わればいいのかわからない」という声を良くいただきます。

このブログでは、僕が主催する講座や稽古会を中心に、武学イベントを随時お知らせしてきます。また武学関連サイトも掲載しておりますので、こちらもご参照ください。

みっつ目は、宇宙科学についてです。

「いきなりテイストが変わりすぎだろっ!」という感じですが、日本で八極拳をメジャーにしたと言われる武術漫画『拳児』では「すぐれた武術は宇宙の法則を形にして表したもの」という有名なセリフがあります。

つまり、武学を知るうえで宇宙の知見は必要不可欠なのです!(独断と偏見)

拳児 「20巻 第7話 道」より

武学と出会って感じたこと

武学という概念を知ってから興味はあったものの

「本当に効果があるのか?」「なんかよくわからない」

と、いった感じで半信半疑でした。

なんなら「ちょっとあやしい」とさえ思ってました。笑

【武学に興味はあるけど、まだ体感していない】という人は、ほとんどの人が僕と同じように半信半疑に思っているんじゃないでしょうか?

けれど、そんな疑問は二年前に武学士・レノンリー先生に実際会ってみて吹っ飛んでしまいました。

「一見は百聞にしかず」とは正にこのことで、ワークショップのデモンストレーションでリー先生に相対した僕は、何をされているか分からないうちに膝をつかされていました。

ワークショップの内容もすべて身体で体感できるもので、もう疑う余地は何もなくなりました。

「礼にはじまり礼に終わる」

このありふれた言葉の大切さをその日、身体で知りました。

もし、これを読んでいてまだ武学を体験していない人がいたら、とにかく一度体験してみることをおすすめします。情報がこれだけ溢れているこの時代に価値があることは、自分の身体で実際に体験することにつきます。

幸い現在は全国津々浦々で、毎日のように稽古会や武学のイベントが開催されるようになってきました。誰でも参加できるイベントも増えてきているので、お近くのイベントにぜひ参加してみてください。

そのための情報を僕が発信していきます。

武学を学んでの気づきや変化

武学に出会ってからは毎日、禮法をはじめとした武学の稽古に取り組んでいます。

武学においてリー先生などからから教わる稽古は「仕入れ」ということになります。この「仕入れ」た内容を仲間と稽古して(共学共育)腑に落とし、日常や仕事や趣味に活かしていくこと(相乗創育)に最も価値があります。

つまり、教わる内容(コンテンツ)自体より、自分の取り組み方が重要になるということです。

武学は再現性100%で即時性もある素晴らしいものですが、本当にその価値をもたらすのは自分自身です。

究極的に言うと武学=自分自身ということになります。

スポーツへの応用

バスケットでの変化でいうと、まず分かりやすいのはシュートの飛距離が伸びたことです。武学籠球さんの発信をみている人なら慎さんの異次元なシュートの飛距離をご存知のことでしょう。

僕にはあそこまでの伸びはないですが、少なくとも3Pラインが延長されてからほぼ3P打たなくなった僕でも、たまには3Pを打つようになりました。笑

他の仲間に聞いてみても、ほとんどの人がシュートの飛距離が伸びたと言っているので、しっかり取り組めばシュートの飛距離についてはかなり再現性が高いと思います。

また対戦相手との関わり方が変わってきますので、余計な力を使わず疲れにくくもなりますし、スピードやパワー以外でプレーの質を上げる術も見えてきます。

武学で得た技術は年齢で衰えるものでもないのも大きなメリットになります。

とはいえ僕が2年間武学を続けて感じることは、スポーツへの応用においては「武学だけをひたすらやっていればOK!」というわけではないということです。

武学は”アダプターテクニック”

「アダプター」とは「適合させるもの」という意味です。

武学のみをスポーツに役立てるというのではなく、武学を使って「何かと何か」をつなぐためのテクニックなのです。

そして、その「何か」はそれぞれの人が持っているもので、武学とどのようにつなげるかはその人次第になります。

たとえ同じバスケットボールという競技をして、同じように武学を学んでいても、僕と他の誰かでは違う成果が出てくることになります。

スポーツに応用してより高いレベルを目指すのであれば、その競技特有のスキルや体力を付けることも必要ですし、武術では必要ないと言われる筋トレも取り入れたほうがいいかもしれません。

筋トレなどはやり方によっては、武学を学ぶうえで妨げになってしまう(筋力に頼った動きになってしまう)可能性がありますので、そのあたりのバランスや手法を見つけていくのが僕自身の課題だと思っています。

オンラインコミュニティについて

僕は武学と出会えたことで言葉では説明しきれないほど人生が変わりました。

自分で武術講座を開催したり、元日本代表選手の方と一緒にバスケクリニックをすることになるなんて夢にも思いませんでした。

そして何よりも、武学を通して全国にいる沢山の同志に出会えたことが、僕の人生にとって最高宝だと思っています。

これからは、僕自身がこの繋がりを広げていきたと考え、フィジカル・レクリエーションのオンラインコミュニティを開設しました!

このコミュニティでは、全国で散り散りになっている武学をスポーツに活かしてしていこうと考えている人を繋げ、ゆくゆくは参加者が稽古会などを各地で自主開催していける状態になることを目指しています。

興味がある方は詳細ページをご覧いただき、理念に共感できるようであればぜひご参加ください。皆さんのご参加お待ちしています!(参加費は無料です)

オンラインコミュニティの詳細はコチラ

まとめ

このブログは、武学やスポーツを通して自分を向上させたいと考えている人に向けて、人生や世の中をもっと面白くするための情報を提供します。

更新頻度は低めですが、良質な情報をお届けできるように努力いたします。

どうぞよろしくお願い致します!

ABUTO ME
出牛 順一

様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。武学を学び日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

出牛 順一をフォローする
武学
出牛 順一をフォローする
Physical Re-crieation
タイトルとURLをコピーしました