宇宙論で読み解く般若心経①

宇宙

二百六十二文字の祈り 般若心経

今回から連載形式で

「般若心経」

について書いていこうと思っています。

どこかで般若心経のお話を聞いたことがある方もいるかと思いますが、僕は宇宙論の視点から般若心経を語ろうと思います。

言葉にはそれぞれの解釈が入りますから、僕が話す般若心経の解釈が腑に落ちない場合もあるかもしれません。

「まぁ、そんな解釈もあるのかな」

くらいの感じで読んでもらえたら幸いです。

第一回の今回は前提となる般若心経の和訳をご紹介します。

※ 玄奘三蔵の漢訳を和訳したものになります。少し意訳も入っています。

全知者である悟ったお方に対して、禮拝いたします。

観音様が深遠な智慧について洞察された結果、存在するものには五つの構成要素があると気づかれました。

そして、それらのすべてには実体がないことを見抜かれました。

そのことによって、一切の苦しみから脱却されたのでした。

シャーリプトラよ、よくお聞きなさい。

私たちは、物質的な身体を持っていて、そのことを離れては存在できません。

しかし、よく考えると、その本質は『空』なのです。

変わらぬ物質的実体などはないということです。

『空』とは『何もない』ということではなく

何もないからこそ、すべてを生み出すことができる根源なのです。

つまり、そこからたくさんの現実が生み出されるのですから、物質的なものだともいえます。

言い換えれば物質的側面は『空』の表れ方だということです。

私たちの感覚や心の作用もまったく同じです。

シャーリプトラよ、よくお聞きなさい。

すべてのものは『空』なのですから

いろいろなものが生まれたり、消えたりしているように見えても、その根源は何も変わっていません。

ですから、汚くなることも清らかになることもありません。

増えたり、減ったりも見かけだけのことで、根源的に変わるものではありません。

その奥には、偉大な真理として真実があるだけです。

ですから、シャーリプトラよ。

実体がない、ということですから

感覚器官による感覚から、心の作用に至るまで、絶対的なものは何もないのです。

覚りもなければ、迷いもなく、老いも死もなく

それれらがないということは、それらがなくなるということもないということです。

絶対的な苦しみも、その原因もありません。

絶対的な知識や、ものの獲得もありません。

すべてが『空』なのですから。

そのような意味からすれば、心を覆うものがないということですから、

怖れもなく、転倒した心からも遠く離れ、心静かな平安の中に入ることができるのです。

過去、現在、未来にいらっしゃる目覚めた人たちはすべて、そのような智慧に到達されて正しい悟りを得られています。

そこで、人は知るべきなのです。

智慧に完成に至る真言、大いなる真言、無上の真言、無比の真言

それは、すべての苦しみを鎮めるものであり、偽りがないからこそ、真実であることを

その真言とは、つぎのようなものです。

『ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー』

(往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往った者よ、完璧に彼岸に渡った者よ、悟りよ、幸いあれ)

これで智慧の完成は終わりました。

この真言を唱えることで『空』の境地に入れば、目に見えない不思議な力が湧いてくることを伝えているのが、般若心経の趣意といわれています。

まさに、発語による力『言功法』のことですね。

般若心経では、なぜそうなるのか?

ということには触れていません。

(ここは武学との違いですね)

唱えるか、唱えないかは、あなた次第

そこに一切の強制はありません。

このあたりが仏教のおおらかさを感じさせてくれますね。

仏教においても重要なのは『主体性』ということになるのではないでしょうか?

それでは今回はここまでになります。

次回からは宇宙論的に般若心経を解釈していきますので、お楽しみに!

宇宙論から読み解く般若心経②

タイトルとURLをコピーしました