日本武道館 その歴史と成り立ち 〜先人たちの祈りが形になった場所〜

2018/08/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
出牛 順一
様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。最近は日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・ボディメイク・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

どうも、埼玉のアルケミストです。

 

僕は先日、ACIDMANというバンドのコンサートで、日本武道館に行ってきました。

 

武道館は「音楽の聖地」とも言われていますが、皆さんは武道館で何か特別な感覚を感じたことはないでしょうか?

 

 

今回僕は、武道館に足を踏み入れるたびに感じる、この特別な感覚の正体を解き明かそうと思い、日本武道館の歴史を調べることにしました。

 

 

武道館の成り立ち

 

・皇居北の丸公園内にある日本武道館は、前回の東京オリンピック開催に合わせて、1964年10月3日開館

法隆寺夢殿をかたどった地上42メートル、正八角形の大屋根をもつ

・法隆寺夢殿には聖徳太子が夢の中で金人(きんじん)から教えを授かったという伝説がある

・夢殿(ゆめどの)は太子を供養する場と同時に、太子が見た夢の器である

 

八角円堂は中国の八方位陰陽説を由来とする

 

・富士山の裾野を模した流動美の大屋根は、日本の精神性を表現している

・「君主は南面す」の故事に従い、ステージは南向きの作りになっている

・もっとも特徴的ともいえる屋根の上の「擬宝珠」(ぎぼし)は、魔除けの意味があると言われている

・擬宝珠は仏教の「宝珠(ほうじゅ)=チンターマニ」に似せて造られたもので、神社や寺院の装飾に設けられている

 

武道館といったらコレ

・「宝珠」は地蔵菩薩、空虚菩薩、如意菩薩などの持物である三昧耶業とされ、「意のままに願いを叶える宝」と伝えられている

・最初にコンサートが開催されたのは、1966年6月のザ・ビートルズの日本公演である

 

アルケミスト的考察

 

日本武道館の成り立ちを調べていくと、ひとつひとつの意匠に、それぞれ意味がある事が分かります。

 

その意匠の元となっている、法隆寺夢殿やあの玉ねぎ=擬宝珠について調べることで分かったのですが、これらの意匠に共通している思想は「未来への願い」でした。

 

聖徳太子の菩提を弔う法隆寺夢殿

 

日本武道館に於ける「未来への願い」は、やはり「武」の精神性を世に伝え広めることによって、成されるものです。

 

「武」という文字は「二つの戈を止める」と書きます。

 

 

「武」の道とは争いのない世の中を目指す道であり、武の精神の体現=「平和への祈り」が、日本武道館の造形に込められていることが分かります。

 

そんな神聖な場所ですから、音楽イベントを行うことに当時は批判もあったようです。

 

確かに音楽と武道では、直接的な関係はないかもしれません。

 

しかし、音楽は言語をも超えるコミュニケーションツールです。

 

アーティストの思想にもよりますが、言語で分断された世界を繋げる力が音楽にはあると、僕は本気で考えています。

そう考えると、平和の祈りが込められた武道館という場所で、ビートルズの日本公演が行われ「音楽の聖地」と呼ばれるようになったのは偶然ではないように思えます。

 

アルケミストな世界観

 

人が高次の次元を目指すとき、その方法は宗教や武道、はたまた音楽など様々な道があるのだと思います。

その道は、八百万に広がっているように僕は感じています。

 

それぞれ辿る道は違えど、宇宙の真理は一つに集約されて全ての道に繋がっている

 

 

そんな感覚が僕の世界観であり、宇宙観でもあります。

 

 

 

いきなりぶっ飛んだ話になってしまいましたね。笑

 

 

しかし、これは僕が今まで生きてきた中で、たしかに感じている感覚です。

 

 

学生の頃から聴いていたACIDMANの世界観と、最近になって知った武学の世界観は偶然と思えないほど一致していました

そして、僕が武学を知ったきっかけは、子供の頃から続けていたバスケットボールを向上させたいという思いからです。

 

まるで何かの意思が働いて、廻り巡らされ、自分の核に辿り着こうとしている。

 

 

今では、そんなことを思うようになりました。

 

僕は宇宙天文検定2級という資格を取るほど宇宙のことが好きなのですが、宇宙について知れば知るほどこの感覚は強くなっていくばかりです。

 

日本武道館はそんな僕の世界観を、実際に体現することができる特別で大切な場所なんです。

 

浮き世離れした内容を書き綴ってしまいましたね。それでも、武について見識がある方や音楽が好きな方に、ほんの少しでも共感してもらえたなら嬉しいです。

 

武道館はやっぱり特別

そして、僕が次に武道館に行くのもACIDMANのライブになると思います。

もし、このブログを読んでくれていてACIDMANの武道館ライブに行かれる方がいたら、あの特別感と高揚感を共有することになるでしょう! 笑

 

それでは、また

 

最近のコメント
    この記事を書いている人 - WRITER -
    出牛 順一
    様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。最近は日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・ボディメイク・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Copyright© Alchemist's blog , 2018 All Rights Reserved.