面白き世をより面白く

武学

どうも、じゅんです。

先日、武学を体系化し世の中に広められている
レノンリーさんが群馬に来られているのを知り

急遽、埼玉から群馬まで駆けつけいきました!

酔拳の世界大会で優勝経験もあるリーさんですが
話をしてみるといかにも関西人なノリで

オヤジギャグのテンポがものすごい方です。笑

そんなリーさんですが、その言葉の一つ一つに
深みがあり一見くだらない話をしているように思えて、
実はいつも大切な話をしてくれています。

冗談を交えているからこそ、すんなり話が入るんですよね。

その中で、特に印象が残ったお話しがあったので、
ご紹介したいと思います。

志を持つ仲間の輪を作ると、志を持っているほうが人生は面白くなるということが分かる。

強制とか真面目だとか、そういうことではなく
面白いからやるというのは人にとって普通のこと。

面白いからやる。
それでいいんです。

面白いというのは、古事記の岩戸開きで
アマテラスの顔に光が射して
顔(面)が白くなったことを指しています。

面白いというのは世界に光を灯すこと

自分にとって面白く

世界にとっても面白く

未来にとっても面白い

この三つが揃っていれば
誰も反対しようがなく、

それは敵がいない「無敵」の状態です。

こんなお話しでした。

実際に僕自身も武学を学び始めて
自分の志について考えるようになり

人生がより面白くなっているのを感じます。

「面白き世をより面白く」

これはリーさんがいつも言っている言葉です。

僕もこの言葉に沿って
人生を生きていこうと思います。

面白き世をより面白く!

それでは、また!

ABUTO ME
出牛 順一

様々な分野をつなげて身心向上を目指しています。武学を学び日常が1番のトレーニングの場だと気づきました。僕が今までやってきたこと、これからやっていくことをシュアしていきます。【好き】⇒バスケ・武学・日本史・ACIDMAN・John Fruciante

出牛 順一をフォローする
武学
出牛 順一をフォローする
Physical Re-crieation

コメント

タイトルとURLをコピーしました